施設内の管理コストが気になるなら介護ソフトの導入がおすすめ

サイトマップ

デスクワーク

費用対効果に優れている介護ソフト

手を取り合う

介護現場で利用することを目的に作られた介護ソフトは、介護特有の業務を管理することができるものです。汎用的な表計算ソフトで管理することも不可能ではありませんが、専用に作られている介護ソフトなら環境を構築する手間がかかりませんし、確実に管理できるようになります。例えば、施設の入居者情報を名前で分けて、それぞれが現状どういった状態なのかを登録しておくことが可能です。リハビリをしている場合はその成果も記録できるほか、クレームがあればその情報も登録しておくことが可能です。その他、入所者の負担額がいくらになるのか、支払いはなされているのかなども管理ができるので、介護ソフトの導入でかなり業務は効率化されます。
情報の管理を複数の媒体で行うと、それだけ管理コストがかかってミスも増えてしまいます。その点、介護ソフトで一元的に管理するなら二重チェックもないですし、視認性にも優れていることや、情報を複数の職員間でクラウドで確認することが可能など、明らかに紙媒体を使うよりも利便性が高まります。導入するにはお金がかかりますが、初期投資があまりかからなかったり、必要な機能だけを選んでリーズナブルに利用できたりする介護ソフトもあるので、導入の障壁は低いです。

介護ソフトを導入すれば職場環境が良くなる

介護の現場の苦労を軽減してくれるのが、介護ソフトです。介護の現場で使うのが前提になっているので、使いやすくなっています。例えば、介護ソフトでは入居者管理をすることが可能で、入居者の情報が個人ごとにまとめられるので、知りたい情報を一度に確認できてスムーズです。具体的には、介護レベルや体調、食事やリハビリ等の情報管理、面会者管理や料金管理など、入居者にまつわる情報は全て管理することが出来ます。
従来であれば、表計算ソフトを使って自分でまとめる必要がありましたが、表計算ソフトは介護の施設で使うだけの物ではなく、自分で表を作る手間がかかりますし、全ての情報を一箇所に網羅的にまとめることは出来ないという不便さがあります。その点、介護ソフトは専用に作られている結果、網羅的にまとめられていて一度入力した情報をあとから確認しやすく、介護ソフトの導入によって効率化やミスの軽減などの効果が生まれます。
介護現場は忙しく、人手が足りずに激務というイメージがありますが、介護ソフトの導入をすることで少しでもスタッフの苦労を軽減してくれますし、働きやすくなれば新しい人も入ってくれるようになります。長い目で見ればこうした色んなプラス面があるので、事業者の方はぜひ介護のソフトの導入を考えてみてください。

介護ソフトがあれば情報漏洩も防げて管理も捗る

介護ソフトでは入居者やスケジュール、お金や請求など、介護で必要な情報管理が全て行えます。紙で管理すると、紙をなくしたり情報を伝える時にミスが生じるなどの問題が起こりますが、二重管理にならないので、管理ソフトでペーパレス化することにより、ミスや手間を省くことが可能となります。
これは、スタッフの負担を軽くすると共に、介護施設利用者へのサービス提供の質を向上させることにも繋がり、決して無駄な投資ではありません。クラウド型の介護ソフトなら導入費用も安く、それでいてネット環境がある場所からならどこからでもアクセスができ、情報共有がしやすいです。クラウド上にデータがあるのでパソコンの故障などによるデータの紛失もありませんし、自分たちでバックアップをとる必要もありません。サービスを提供する業者が責任を持って管理してくれるので安心です。
また、介護ソフトの導入は情報漏洩を防ぐことにも繋がります。紙で管理すると紛失のリスクがあると言いましたが、その時に入居者の個人情報が漏れてしまう恐れがあります。また、権限がない人が見たとしても履歴が残らないので、従業員の不正を見逃してしまうリスクもあります。これらの点は、介護ソフトの導入によって防ぐことができます。

Topics

New List