施設内の管理コストが気になるなら介護ソフトの導入がおすすめ

サイトマップ

デスクワーク

介護ソフトの入金管理機能で業務負荷を改善できる

どんな事業運営を行う上でも必ずあるのが、入金であり介護関連の事業でも一般企業と同じ入金管理の業務が発生します。しかし、多くの入居者に対して請求書を発行し、日々振り込みが行われる場合には入金情報も膨大であり、入居者の数だけ業務負荷が増えてしまいます。そこで、介護ソフトの導入により、入金管理の見直しそしてスタッフの業務見直しを行いましょう。
介護ソフトに備わっている入金管理機能は、銀行と連携するシステムからエクスポートできる入金データと連携が可能です。さらに売掛金いわゆる請求データとの消込作業を自動で行うことができます。マスタ情報として登録される口座名義と請求金額を自動で照合することができ、これまで専属スタッフが始業から銀行の営業終了まで付き切りになっていた入金管理から手を放すことができます。
例えば、入金が遅れている、以前の入金遅延分を直ぐに確認したいということもスピーディーに対応することができます。また、入金漏れを防ぐため口座振替に対応している際でも、引き落としがされていない情報を素早く確認できるだけでなく、介護ソフトの管理機能でリストアップも可能です。結果、適切な連絡を利用者の家族に伝えることも可能になります。

Topics

New List