施設内の管理コストが気になるなら介護ソフトの導入がおすすめ

サイトマップ

デスクワーク

介護ソフトで行えることや選び方について

介護施設は、お年寄りの入所者の生活をサポートするのが仕事です。入所者に提供するサービスは全て一律という訳ではなく、症状に応じた配慮も必要になり、その情報については事前にスタッフの間で共有していないとミスになる恐れがあります。それがクレームになることもあり、場合によっては命取りにも繋がりかねないので、情報管理はしっかり行いたいところです。介護ソフトは、それぞれ入力事項が明確になっているので、管理のミスを抑えることができます。それはやはり専用に作られているからで、表計算ソフトに入力するのとは違います。情報はデジタルになり、一箇所から管理が可能で共有はしっかり行えます。例えば日々の過ごし方について記録に残しておけば、担当していない人もそれを把握できます。
部屋の利用状況も正確に把握できるので、問い合わせがあれば空き状況についてすぐに答えられます。入ってくる日も出ていく日も一目瞭然で、スケジュール管理もしやすいです。
介護ソフトの導入は、介護ソフトを開発している専門業者と契約をして行います。料金体系や使える機能などは各介護ソフトによって異なるため、比較して選ぶのがおすすめです。その時、どこが効率化されれば助かるかを元にして検討すると選びやすいです。

Topics

New List